2008年04月27日

中国での携帯電話について

神州行

出張ベースでよく中国に来られるビジネスマンで、日本の携帯電話を中国に持ち込んで国際ローミングで通話している方を結構見かけます。そのような方は、現地での携帯電話購入をすれば、もっと電話代を安くできることご存知でしょうか。

日本から持ち出した国際ローミングの電話は着信だけでも課金される上、一度日本を経由して転送を行なうため、中国国内同士で掛けても海外通話料金、日本に掛けてももちろん海外通話料金の扱いになるため、通話料金がはっきりいって激高です。それを現地の携帯電話に切り替えれば、それまでの通話料の3分の1、もしくはそれ以下に抑えることができます。

でも、毎月中国に来るわけじゃないし・・・、という方には、プリペイド式の電話サービスがあります。
プリペイド式とは、売店などでリチャージカード(充値カード)を買って前払い式で番号に料金を入れておき、その料金の範囲で通話ができる、というシステムです。

プリペイド式ならば、毎月の基本料金は0元もしくは10元で、日本にいる間しばらく使わなくても、また中国に来た時にリチャージをすれば使えるようになります。

目安として、6ヶ月に一度以上の頻度で継続的に中国に来られる方は、海外用のGSM携帯電話と中国のプリペイド式のSIMカードを購入することを検討してもいいでしょう。

中国では日本の3Gとは異なる、GSMという方式が主流となっています。ですので、GSMに対応した携帯電話機本体と、中国の電話会社が発行したSIMカードをそれぞれ別途に購入する必要があります。

携帯電話機本体を中国で買う場合は、一番安い部類で500元くらいから、一般的な売れ筋携帯電話の価格は1000〜2000元くらいです。0円で携帯が買える日本人の感覚からすると、結構しますね。でも、GSM携帯は中国以外の多くの国々で使えるので(*各国のSIMカードが必要です)、海外出張の多い方は一台持っていて損はないと思います。

SIMカードとは、電話番号の情報が入ったICチップのことです。これを携帯電話機に差し込むことによって、はじめて電話が使えるようになります。

広東省では中国移動の神州行というプリペイド式のサービスがあり、神州行のSIMカード自体は中国移動や売店などで50-100元くらいで購入できます。身分証明書も要らず、非常に手軽に使えます。広東省で発行された神州行については、国際電話の発着信が可能です。
(*他の省で発行された神州行は、国際発信ができないものもありますので、広東省以外で神州行を購入する場合は、国際発信ができるかどうか購入する店で必ず確認してください。)

ちなみに、広東省の神州行は以前は着信に対しても課金されましたが、最近の料金システム変更で着信無料!になりました。

通話料金については、中国から日本にかける場合で、17951を頭につけるIP電話サービスで通話すると1分2.4元(約35円)です。SOFTBANKの国際ローミング1分120円(昼間)に比べると3分の1以下になりますね。

さらに、SMSという携帯電話同士で使えるショートメッセージも便利で、現地の人と交流するのに一役買ってくれるでしょう。(ちなみに、SMSは日本の携帯と中国の携帯の間でも送受信できますよ。)

でも、現地で携帯を買おうにも、中国語が全くわからないし、そもそも買いに行く時間も余裕もない!という方は以下のような日本のWebサイトから買うと便利です。
↓↓↓
海外ケータイ専門店 STF

ここでは一番安い機種で7500円から売っています。ちなみに、出張中は移動が多く盗難等ですぐに失くしてしまう場合もありますので、できるだけ安くて簡素なものでいいと思います。
また、上記のサイト内には通話料金やリチャージの仕方なども詳しく日本語で書いてありますので、初めての方にはかなり参考になるかと思います。
posted by Huadukid at 15:48| Comment(3) | TrackBack(0) | 電話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。