2007年08月13日

広州の住宅価格 花都区は・・・

07年7月の大広州(搶骼s・从化市を含んだ十区二市)での新築住宅平均購入価格は、6月より396元増えて8646元uとなった。

十区二市の各平均は以下の通り
(単位:元/u)

荔湾 9148
越秀 10782
海珠 11639
天河 14500
白雲 8054
黄埔 7488
番禺 7496
花都 4860
南沙 9983
萝岗 6553
搶 6258
从化 4186

(羊城地鉄报8月1日より抜粋)

こうしてみると、広州市のなかでは花都はまだまだ圧倒的に安いですね。広州中心地からの距離があり交通の便が悪いことがひとつの大きな原因でしょう。
しかし、一方で7月の新築住宅販売成約量(面積)は天和区に次ぐ2位となっています。(ちなみに6月は1位でした。)
地下鉄が開通すれば交通の便が大きく改善されることもあり、まだまだ価格が上昇することが期待できます。地下鉄開通までは7年はかかりますが、投資対象として安いうちに購入している人が数多くいることでしょう。

花都の地下鉄については、過去記事をご覧ください↓
http://huadu.blog99.fc2.com/article/248504961.html
posted by Huadukid at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 住居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

花都の地価も上昇

広州市国土房管局が公布した07年4月度の<房地産信息>によると、07年4月に広州市10区で販売された商品住宅は70.86万uに達した。
また、広州市10区の平均価格は3月の7029元/uから7.9%上昇し、7581元/uとなった。
そのうち、花都区においては著しい上昇が見られ、17%アップの4394元/uとなった。
また、4月に販売契約が成立した面積は、花都区が15.37万uと広州市全10区のうち22%を占めてトップの数になっている。
(広州新聞07年6月1日より)

ここのところ広州郊外地区の近郊4区の住宅販売数が著しく伸びている様子で、特に花都はその伸び率、販売面積がトップに出てきています。
広州市の中心地区(天和、越秀、海珠、など)の価格が”万元時代”といわれるu当り1万元近くになっていること、そして高速道路や地下鉄(注1)などの郊外への交通手段が整備されつつあることによって、住宅地の郊外化が進み始めているようです。
(注1:地下鉄については過去記事http://huadu.blog99.fc2.com/article/248504961.htmlを参照下さい。)
今後は広州市でも郊外に住み、中心地区で働くという日本の大都市と同じようなスタイルが定着していくのではないでしょうか。
posted by Huadukid at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 住居 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。