2009年12月20日

花都の地下鉄9号線

花都に開通予定の地下鉄9号線の情報です。

過去記事で2007年に一度紹介したことがありますが、現在までにいろいろと計画が変更されていますので、最新の情報をお伝えします。

==2012年2月追記================
さらに工期が遅れて2015年開通になっているようです。
===============================

まず、予定駅数は14駅→8駅に減りました。そして、完成予定日は2013年末から2012年末に前倒しされています。2009年の末には工事を開始するとのこと。

停車駅は、飛鹅岭站(終点),花都汽車城駅,广州北駅,花果山公園駅,馬鞍山公園站駅,清歩駅,高増駅となります。全長は20.1Km、総投資額は98.89億元。高増駅で、空港から広州へと繋がる(2010年予定)地下鉄3号線に合流します。乗り継ぎなしで広州中心区の天河城まで1時間ほどでたどり着けるようです。

以下予定の路線図です。

huadu-ditie-map.jpg


いままで花都〜広州のアクセスは非常に不便だったのですが、地下鉄ができれば花都から広州中心区へと出勤することもずっと簡単になります。また、バスで毎日通うと月に1000元〜は掛かる交通費も地下鉄ならば数百元ですみます。武漢へと続く広武高速鉄道も花都にある広州北駅からの出発ですので、花都の発展は今後もしばらく続くでしょう。
posted by Huadukid at 16:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

南方航空のSMS運行情報サービス

久しぶりの投稿です。
かなり長い間更新をしていなかったものの、いまだに当ブログを見てくださる方が結構いるようなので、この度復活することにしました。
過去の記事で情報が古すぎて実際と状況が変わっているものも多々ありますので、それらも今後できるところから最新の情報に修正していきたいと思います。

さて、本日は南方航空の当日フライト情報SMS通知サービスについて。

以前、JALが中国で行っているSMSサービスについて記事にしましたが、


南方航空でも同様のサービスが開始されたようです。
中国国内のフライトは頻繁に遅延などが発生しますので、このサービスは非常に便利です。

(使用方法)
中国の携帯電話からショートメッセージ機能をつかって、南方航空の電話番号”95539”に、フライト番号の数字部分、たとえばCZ3140ならば、”3140”を送信するだけで、通常数十秒で当日のフライト情報が返信されてきます。

nanpou

もしくは、PCからならば以下のWebサイトでその日の出発・到着フライトの一覧が検索できます。
http://www.csair.com/cn/booking/07/index.html

中国のサービスもいろいろと便利になってきているようです。
posted by Huadukid at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

花都のタクシー

広州花都区のタクシーについて紹介します。
dayangtaxi

花都区では、いくつかのタクシー会社が見られますが、大洋タクシーというところが最も代表的なタクシー会社です。ここのタクシーの新車体は黄色と赤のペイントがされているのが特徴です。(*旧車体は赤のみ)

以下が花都でのタクシー料金規定になります。

1.初乗り料金は2kmまで6元。以降1kmにつき2.6元づつ加算される。(*1)
2.花都区以外で発生する道路・橋など通行料金は乗客が負担する。(*2)
3.15kmを超える場合、超過分の運行料金については50%の帰路空運転費用が追加され、自動的にメーターに加算される。(*3)
4.乗客の都合でしばらく停車する場合や、渋滞などで10km/h以下で走行する間は時間辺りの料金が自動的にメーターに加算される。
5.夜間乗車での追加料金、乗客の持ち込み荷物での追加料金は発生しない。

(*1)広州中心区のタクシーは初乗り7元。
(*2)高速道路料金などは、普通は運転手が払ってから、下車時にまとめて清算をします。尚、区内・区外という分け方はどこまでになるのかはよくわかりません。仮に空港まで行く場合、空港高速料金2元が乗客に請求されます。たまに帰りの分で+2元も請求されることもありますが、これは断ってください。
(*3)広州市中心区のタクシーの場合、帰路空運転費用は30km以上から発生します。ですので、花都のタクシーは長距離利用には向いていないといえるでしょう。

また、ここ数年はガソリン代の高騰のため、一回の乗車につき1元のガソリン代を徴収していますので、最終的に支払う総額は、

メーター料金+高速等道路料金+ガソリン代1元=支払う料金 

となります。

先日新世紀酒店からタクシーで空港に行きましたが、そのときはメーターが43元+高速代2元+ガソリン代1元の合計46元でした。

 しかし、中国語で値段のやり取りができて、相場感を持っている人は、ちょっとした裏技で安く仕上げることもできます。

中国では多くのタクシー運転手がメーターを倒さずに客を乗せてそのまま売り上げをポケットに入れることを日常的に行っています。客側にとってもメーターを倒さずに走ることで正規料金よりも若干安く交渉することができます。しかし、交渉によっては正規料金より高くされる場合もありますので、通常はメーターを倒してもらうのが良いでしょう。正規料金で50元でいけるところを、100元、と吹っかけてくるタクシーもまれにいますので。ちなみに、先日新世紀酒店から空港に行った際のタクシーの運ちゃんの言い値は50元でした。少し高いことがわかっていましたし、領収書が必要だったので、メーターを倒す(中国語で”ダービャオ”といいます)ようにさせましたが。

また、上記3.の規定があるように、遠方に客を送り届けた後のタクシーは、客を乗せずに元の場所に帰る、というのが基本になっているようですので、その場合、自分の目的地と同じ方向に帰るところのタクシーを捕まえると、有利に交渉でき、結構安く仕上げることができます。たとえば、花都から広州市中心までタクシーで行きたい場合は、広州市中心区から花都に客を乗せて来たタクシーを捕まえるといいわけです。

花都区新華街道公益路6号之3
花都大洋タクシ−
36885555

(関連記事)
タクシ−乗車のコツの一例(コメント内)



posted by Huadukid at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。